HOME > “種”知識

海外Forestry豆知識

“種”知識?
どうして“種”かというと、知識というのは得られた情報をそのまま吸収するのではなく、大きく育てていかなければ、本当の意味で、知識を得たことにはなりません。
こ こでは、世界中の森林を、職員自身が足を運んだところを中心に紹介していきます。しかし、私たちの足を運ぶ地域も、ほんの一部の情報です。まだまだ判らな いこともいっぱいあります。私たち自身、試行錯誤の連続です。判っている、経験から得られた情報が全てではないからです。

世界中の森林 も、色々な問題を抱えています。そのような問題を解決して、次の世代の人たちが笑顔になれることを夢見ています。現場を見て、得られた情報を、自分たちの 体験や、色々な人のアドバイスを受けながら、未来の子供達が笑顔になる森作りに役に立つ様に活動し、そして知識も一緒に育てています。

ぜひ、身近ではない森林を、こちらで知ってください。そして、ここで紹介している知識を、見て頂いた皆さんの心の中でも私たちと一緒に大きく育てて欲しいのです。これからの未来作りの応援をよろしくお願いします。


第1回目は、イランのザクロス山脈の樫の森林です。 こちら
第2回目は、ケニアのツルカナ湖周辺の半乾燥地のサバンナ林です。 こちら