-終了しました-

ベトナムでのREDD+活動実施促進セミナー
−ベトナム国気候変動対策の森林分野における潜在的適地選定調査の実践を通じて−

当日の発表資料

はじめに
国連気候変動枠組み条約(UNFCCC)の中で「森林の減少・劣化に由来する二酸化炭素の排出の削減等」いわゆるREDD+の枠組みが議論されている最中、このたび国際協力機構(JICA)が実施している開発調査「ベトナム国気候変動対策の森林分野における潜在的適地選定調査」において、潜在的プロジェクト開発事業者・投資者を始めとするREDD+活動へご興味をお持ちの方々に対して「ベトナムでのREDD+活動実施促進セミナー」を開催するはこびとなりました。
今回のセミナーでは、ベトナムでのREDD+活動の実施を促進させることを目指した現在までの調査結果を発表するとともに、ベトナム国からREDD+の専門家を招聘し、ベトナム国政府におけるREDD+活動実施に向けた政策・制度の整備状況や各種ドナーによるREDD+の気候変動対策支援の実態等を含めたベトナム現地の最前線の現況を報告してもらいます。将来的なREDD+関連事業構築に係る基礎情報としての活用やカーボンオフセット事業や企業CSR としての植林活動等を検討している民間、各種団体の方々と自由闊達な意見交換が出来ることを期待しております。
 皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。
●日時 2011年10月7日(金)
開場 13:00 
開演 13:30〜17:10
●場所  TKP東京駅八重洲カンファレンスセンター ホール2B
〒104-0031  東京都中央区京橋2-3-19TKP八重洲ビル
TEL:03-6202-6100
http://tkptokyo-cc.net/

・JR線「東京駅」八重洲南口より徒歩5分
・銀座線「京橋駅」より徒歩2分
・浅草線「宝町駅」より徒歩4分
●参加費  無料

プログラム
時間 講演内容 講演者
13:30〜13:40 開催挨拶 JOFCA会長
小沢 普照
13:40〜13:50 来賓祝辞 JICA
13:50〜14:15 本セミナーの趣旨説明及びベトナム JICA 開発調査「ベトナム国気候変動対策の森林分野における潜在的適地選定調査」の概要説明 JOFCA 専務理事
加藤 和久
14:15〜14:40 ベトナムの森林分布図をもとにした1990年からの森林動態とRELの算出 JAFTA 主任調査員
鈴木 圭
14:40〜14:55 ディスカッション(質疑応答)  
14:55〜15:20 ベトナム国内4省でのモデルランド調査結果 JOFCA 主任研究員
千葉 裕起
15:20〜15:40 ディエンビエン省の REDD (+)戦略プランの作成状況 JOFCA 専務理事
加藤 和久
15:40〜15:55 ディスカッション(質疑応答)  
15:55〜16:20 ベトナム国におけるREDD(+)の実施状況と挑戦−ベトナムでのREDDプロジェクトの投資諸手続、関連する諸法規、及び全国REDD+プログラム− VNFOREST, MARD
16:20〜16:45 UN-REDD、FCPF、FAO、その他ドナーによるベトナム国のREDD+イニシアティブ VNFOREST, MARD
16:45〜17:00 ディスカッション(質疑応答)  
17:00〜17:10 潜在的投資者向けの情報提供ウェッブサイトの紹介 JOFCA 主任研究員
千葉 裕起
17:10〜17:20 閉会挨拶 JOFCA 専務理事
加藤 和久
(同時通訳あり)
発表資料

気候変動対策開発調査概略.pdf(706.3KB)
ベトナムの森林動態とRELの算出.pdf(5.9MB)
モデルランド調査結果.pdf(15.1MB)
ディエンビエン省開発計画.pdf(1.5MB)
ベトナム国のREDD+開発現状.pdf(993.9KB)


住所 〒112-0004
東京都文京区後楽1−7−12
林友ビル3F
電話
03-5689-3435
Fax 03-5689-3439
メール Mailお手数をおかけいたしますが、迷惑メール対策のため@@を@にしてください。

フレームを使っています