HOME事業紹介 > ブルキナファソ国 苗木生産支援プロジェクト

ブルキナファソ国 苗木生産支援プロジェクト

事業期間

2010年4月~2013年3月(3年)

事業形態

JICA技術協力プロジェクト

目標

 ブルキナファソ国の中央州、北部州の2州において森林局、地方局の森林官、苗木生産者を対象として「計画的・効率的な苗木生産が推進される」ことがプロジェクト期間中の目標である。また、このプロジェクト目標が達成された後に、対象2州において植林活動が強化されることを目指したプロジェクトである。

活動内容

(1)苗木生産者の苗木生産技術を向上させるため、対象2州において、県ごとに3つの優先樹種を選定し、苗木生産技術に関する教材の作成、森林官に対する研修、研修を受けた森林官の苗木生産者に対する研修、森林官による苗木生産者に対する継続的な現地での技術指導を実施する。
(2)計画的な苗木生産を実施するため、苗木生産及び植林に関わる関係者間の情報共有の強化を目指した、年間の苗木需給情報を把握するための州及び郡レベルの協議会の開催、計画的な苗木生産を行うため普及啓発活動を実施する。
(3)植林活動と関連したより計画的な苗木生産の方向性にかかる政策提言がなされるために、苗木生産国家戦略の実施にかかる課題を把握し、苗木生産計画の前提となる植林計画に関するワークショップを開催し、解決案を提案する。

担当者から

 ブルキナファソ国の場合、例えば森林官の乗るバイクの燃料の手当てが十分できない、苗木生産者の多くがビニールポットを購入する資金不足のため水用の小型ビニール袋の利用を余儀なくされているなど困難な状況が続いているが、このような状況の中でもプロジェクトが有効な貢献をするべく努力を続けている。
 プロジェクトは2012年3月で終了するが、森林官の能力向上、苗木生産者の技術向上、植林と苗木生産のマッチングの向上などの面でみるべき成果が期待しうる。また,ブルキナファソ国全体への波及性の面では、プロジェクトの成果を踏まえ苗木生産国家戦略の課題分析などを通じ有効な苗木生産についての有効な提言を行うことが期待されている。

プロジェクトURLリンク

http://www.jica.go.jp/project/burkinafaso/002/index.html

公開報告書等

JICA図書館(http://libopac.jica.go.jp/top/index.do?method=open)で以下のものが公開
ブルキナファソ国 苗木生産支援プロジェクト詳細計画策定調査報告書
http://libopac.jica.go.jp/images/report/P0000252422.html
北部州ヤテンガ県ワイグヤで行われた苗木生産者を対象とした研修の様子。指導に従い接ぎ木を実践している苗木生産者。
北部州ヤテンガ県ワイグヤで行われた苗木生産者を対象とした研修の様子。講師による理解度確認の質問に答える参加者。
北部州ランボ郡で行われた苗畑巡回指導の様子。研修での指導を通じて生産された苗木をカウンターパート、森林官とともにチェックしている。
北部州で行われた郡レベル協議会の様子。本年の植林計画と苗木生産計画をたて関係者間で共有している。