HOME事業紹介 > 中華人民共和国 新疆吐魯番黄砂防止林造成計画

中華人民共和国 新疆吐魯番黄砂防止林造成計画

事業期間

2009年10月~2012年9月

事業形態

日中緑化交流基金助成事業

目標

 新疆を始め、中国西部乾燥地帯の多くのオアシスは、地表水資源の過剰利用やダムの建設などにより、オアシス周辺の植生が消え、河川が涸れあがり、土地が再びゴビ砂漠化している現状を抱えている。これらの砂漠化の進行がオアシスの安全を脅かすのみならず、広域に被害をもたらす新たな黄砂発生源にもなっている。この事業はオアシス周辺の荒廃地に植樹し、緑の「城壁」を作り上げてオアシスを守り、黄砂発生源を減らすことを主要目的にしている。

活動内容

 ①事業対象地の概要

 トルパン盆地はマイナス標高で有名であり、名高い「火焔山」が本地区のシンボルと言える。文化の歴史においてもシルクロードの楼蘭王国がこの地で繁栄したことは承知のとおりである。事業対象地はトルパン地区の鄯善県北部に広がる礫扇状地とトルパン市東部郊外に広がるゴビ地となる。寸草もない火焔山が当地の厳しい自然環境を如実に物語っている。トルパン盆地は年間降雨量が50㎜以下である上、マイナス標高から夏は40℃を越える炎天が続くため、自然植生は極めて乏しい。地域の森林率は僅か0.08%に過ぎない。近年、人口の増加や経済活動の発達により、限れた地表水と地下水を過剰利用した結果、新たに荒れ砂地を作り出している。また、アジア最大の風力発電所が当地にあるほど、盆地にも関わらずトルパンは強風が多いことでも有名である。ゆえに黄砂被害が激甚で住民は年中飛砂に苦しめられている。

②特殊な植林方式

 本地域での植林には潅水が欠かせない前提条件となるため、植林地までの送水パイプの設置と個々の植栽木へ定期潅水を行うための放水ホースの設置が先決である。潅水をスムーズに行うため、植林地を水平に成らすか、等高線に平行して水平溝を作るかのいずれの整地対策が必要となる。また、砂利や玉石を多く含有する立地では客土(土の入れ替え)をしなければならない。

③植栽樹種

 タマリックス(檉柳)、アラゲギョリュウ(紅柳)、イワオウギの一種(花棒)、ハロセッシロン(梭梭)、サバクタデ(沙拐棗)、ムレスズメの一種(檸条)、クワノキ(桑)、ホソグミの一種(沙棗)、ニレ(楡)、トネリコ(白蝋)

④普及活動

 環境保全意識の啓蒙と向上も本件事業の目的の一つであり、そのため、毎年ボランティアを募って体験植樹活動を行っている。また、緑化に関する広報資料も作成して無料で配布している。。
 

担当者から

①日中緑化交流基金の由来

 1998年の長江流域をはじめとする大洪水の発生を契機に、中国では、自然災害の防止や、森林資源回復のための植林活動が国民的運動として展開された。こうした中国の植林活動を支援するため、当時の小渕総理大臣は1999年7月の訪中の際、日本政府として100億円規模の基金設置構想による環境保全と両国民の交流を支援すると発表した。この構想の下に国際機関である「日中民間緑化協力委員会」とその事務局である「日中緑化交流基金」が設置されました。日中緑化交流基金は、この趣旨に基づき2000年度から日本の民間団体等が中国で行う植林緑化活動に対し助成を行っています。

②当協会がこれまで実施した事業

(1)寧夏回族自治区青少年教育・普及治砂防護林造成(砂漠緑化)
【期間2001~2006年、植林面積250ha、助成金交付5,100万円】

(2)河北省住民参加治砂防風林造成(荒廃河川敷緑化)
【2003~2005年、植林面積200ha、助成金交付2,520万円】

(3) 新疆北部砂漠化地域生活環境モデル林造成(砂漠化土地緑化)
【期間2005~2011年、植林面積333ha、助成金交付4,860万円】

(4) 新疆トルパン黄砂抑制生活環境保全林造成(ゴビ砂漠緑化)
【期間2006~2009年、植林面積157ha、助成金交付2,520万円】

(5) 陝西省靖辺覆砂黄土地生態林造成(黄土高原砂漠緑化土地緑化)
【期間2007~2010年、植林面積100ha、助成金交付2,460万円】

(6) 河北省漕河上流水土保持林造成(はげ山緑化)
【期間2007~2013年、植林面積240ha、助成金交付5,040万円】

(7) 新疆吐魯番黄砂防止林造成計画(ゴビ砂漠緑化)
【期間2009~2012年、植林面積165ha、助成金交付2,700万円】

(8) タクラマカン砂漠周辺ゴビ砂漠地における生態環境モデル林造成(ゴビ砂漠緑化)
【期間2011~2014年、植林面積100ha、助成金交付2,640万円】

(9) 新疆北部砂漠化地域生活環境モデル林造成アフターケア(育苗・普及を含む)
【期間2011~2014年、保育面積300ha、助成金交付1,260万円】

***ただし、2013年以降は予定計画***

プロジェクトURLリンク

http://www.green.or.jp/nichu/
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/china/green.html


ゴビ砂漠地への植栽(溝を掘り、放水ホースを引き、苗木を植える)
植栽4年後の様子(この間、毎年の4月から10月まで定期潅水あり)