HOME > 協会の概要

会長より

海外林業コンサルタンツ協会会長 小澤普照 一般社団法人移行にあたって


顧みますと海外林業コンサルタンツ協会は、昭和53年8月1日、社団法人として設立され、活動を続けて参りましたが、国の方針としての公益法人改革の流れの中で平成20年12月日から特例社団法人として新法人への移行準備を進めて来たところであります。
その結果、平成25年4月1日から一般社団法人として新しい道を歩むことになりました。
これまで当協会は35年にわたりアジア、アフリカ、中南米の開発途上国70カ国の国々と連携して植林活動をはじめ開発調査、技術者派遣、研修など広範囲にコンサルティング業務に携わって参りました。
今世界の状況を見ますと各国の努力にも関わらず、森林の劣化や貧困問題は依然として厳しいものがあり、これらへの対応には一層の努力や前進が必要とされています。
したがいまして当協会といたしましては、新法人への移行を機に専門家集団としての特性を活かし地球環境や森林の持続、さらに人と自然との共生などについて組織を挙げて一段と取り組みを強めて参る所存です。
何卒これまでにも増してのご指導ご鞭撻をお願い申しあげ、新組織発足に当たってのご挨拶とさせていただきます。